パートの選び方について

パートにも能力至上主義の時代が

パートの選び方について 正社員を雇用する企業の中には、年齢や経験を問わず、ひたすらその人の持つ能力で支払う月給を決める能力主義の会社が増えてきました。こうなると、これまでは年功序列だったところが、若い上司に年を取った部下という構図が生まれてきます。若い社員がどんどん職位を上げ、給料の額も増えていくのに対し、能力がなければ年齢を経ても一定の職位にとどまり続け、給料も頭打ちということになります。厳しいようですが、これが今の時代の企業の現実だと認識しておく必要があります。これは、雇用形態において正社員よりも多くなったパートにも、いずれは当てはまるときが車かもしれません。

パートの場合も能力を評価する対象は時給ですが、みんな一律に上げるのではなく、能力があるのならバンと上げてしまう方法があっていいと思われます。一方で、上げた分との帳尻を合わせるには、誰かを下げる必要があります。仕事に取り組む姿勢に一生懸命さが見られない人や、能力がそれほどでもないと判断された人に対しては時給据え置きではなく、ダウンもありうる構造にしようとするでしょう。正社員だけが過酷な能力主義に追われるのではなく、時間給労働者にも働くことへの意識を高めさせるために、いずれはそうした基準で採用を始める会社が出てくるのではないかと思われます。

オススメワード

Copyright (C)2019パートの選び方について.All rights reserved.