パートの選び方について

パートの仕事と社会保険について

パートの選び方について パートで仕事をしている人は現在、正社員の労働時間の4分の3以上働かないと、健康保険や厚生年金に加入することができないことになっています。しかし、今後は大きく変わっていくのが、この加入条件というのものになります。緩和されていくことによって、新たに社会保険の加入対象者になります。その条件の一つに挙げられるのは、月額賃金8.8万円以上という条件があります。これは年収約106万円以上になりますので、今までは気にしていなかったところが、社会保険の加入ができるようになります。

その他にも勤務期間が1年以上たっているということが条件になりますので、いろいろな部分で生活に関する影響というのが出てきています。これまで、パートとして働いていると、配偶者の扶養内で働くことが多かったので、自分がどれだけ稼ぐかについては配偶者控除の対象となる金額まででした。しかし、103万円の壁や、本人に健康保険や厚生年金の加入義務が発生する130万円の壁が合ったのと違い、新たに社会保険加入の条件が加わったことによって、より社会性が大きくなっているといえます。女性の社会進出が顕著になっている世の中ですから、こういった社会保障を考えると先進国としての意味があります。

Copyright (C)2019パートの選び方について.All rights reserved.